Menu 戻る
  • 経済

<水不足>台湾西部で深刻化 夜間減圧給水の範囲広がる

2017/04/05 15:44
資料写真=南化ダム(台南市)

資料写真=南化ダム(台南市)

(台北 5日 中央社)経済部(経済省)水利署は5日、ダム湖の貯水量が低下したとして、南部の嘉義・台南地区で夜間減圧給水の実施に踏み切った。すでに新北市の一部、桃園市、新竹地区、高雄市でも同様の措置がとられており、西部を中心に水不足が深刻化している。

台湾南部では毎年晩秋から翌年5月の梅雨入り前にかけて乾期となり、降雨が少なくなる。水利署によると、嘉義・台南地区の水がめとなっている複数のダムでは、貯水率が3割程度に減少しているところもあるという。

(黄雅娟/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE