Menu 戻る
  • 両岸

台湾「羊の皮を脱いだ狼」と中国を批判 香港民主派議員の資格剥奪受け

2020/11/12 16:11
台湾「羊の皮を脱いだ狼」と中国を批判 香港民主派議員の資格剥奪受け

台湾「羊の皮を脱いだ狼」と中国を批判 香港民主派議員の資格剥奪受け

(台北中央社)中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会が11日、香港立法会(議会)の議員資格を定め、これに伴って民主派議員4人の資格が剥奪(はくだつ)された。これを受け、台湾で対中政策を所管する大陸委員会は、「羊の皮を脱いだ狼」に等しい行為で、香港の人々の権利を侵害するものだと北京当局を非難した。

全人代常務委員会では、香港立法会の議員に中国や香港政府への忠誠心を求め、独立を支持したり中国政府の香港への権限行使を拒否すれば議員資格を失うとする方針が定められた。

大陸委員会は11日午後、書面でコメントを発表。北京当局は香港の言論の自由を奪い続け、香港立法会に異論を排除するワンマン体制を強要していると批判し、中国が掲げる「一国二制度」が民意を全く尊重していないことが証明されたと指摘した。

その上で、現在の香港情勢には国際社会から高い関心が寄せられていると言及。当局がみだりに香港の人々の政治的権利や民主主義、自由に規制を加えることは、香港情勢の安定に役立たないばかりか、より大きな争議と批判を招き、香港の没落に最大の責任を負うことになるだろうと警告した。

(呉柏緯/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top