Menu 戻る
  • 両岸

離島・馬祖周辺で中国の海砂採取船 相次いで出没/台湾

2020/10/28 16:39
海洋委員会の李仲威主任委員(閣僚)

海洋委員会の李仲威主任委員(閣僚)

(台北中央社)中国に程近い離島・馬祖周辺の海域で中国の海砂採取船の出没が相次いでいる。海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)の巡視船が27日、中国の取締船と共に、馬祖と中国・福建省福州の間の海域で違法操業していた船をそれぞれ取り締まった。

28日午前の立法院(国会)内政委員会に出席した同委の李仲威主任委員(閣僚)によれば、中国の海砂採取船が馬祖周辺に現れるようになったのはここ2年のことで、今月25日には一度に400~500隻が集まったという。

李氏は、海砂採取船が制限水域に入ることは許さないとし、見つけ次第、追い払うとの姿勢を示した。

(劉建邦/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top