Menu 戻る
  • 両岸

中国軍機が東沙島に接近 台湾防空識別圏進入は9月中旬以降15回目

2020/10/10 12:35
中国軍のY8(上)、Y9型機=国防部提供

中国軍のY8(上)、Y9型機=国防部提供

(台北中央社)空軍司令部は9日、中国の軍用機延べ2機が同日、台湾南西の防空識別圏(ADIZ)に進入し、台湾が実効支配する南シナ海の東沙島に接近したと発表した。同日は中華民国海軍が同海域で、実弾射撃を伴わない毎年定例の軍事演習を実施していた。

国防部(国防省)が公開した資料によれば、2機はそれぞれY8型とY9型。公表された写真から、Y8電子偵察機、Y9電子戦機とみられる。中国軍機が台湾周辺を飛行するのは、活動を活発化させた先月16日以来15回目で、Y9が派遣されたのは初めて。

(陳韻聿/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top