Menu 戻る
  • 両岸

大陸委「北京の文攻武嚇こそ情勢悪化の原因」 中国高官に反論/台湾

2020/09/21 19:06
大陸委員会の邱垂正報道官

大陸委員会の邱垂正報道官

(台北中央社)中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)の汪洋主席は20日、台湾には両岸間の交流や協力を阻む者がいるとの考えを示した。これに対し、対中政策を担当する台湾の大陸委員会は北京側の「文攻武嚇」(言葉で攻撃、武力で威嚇)こそが台湾海峡の情勢のリスクを高める原因だと反論した。

両岸(台湾と中国)の交流イベント、海峡フォーラムの開幕式が20日、中国アモイであり、汪氏はビデオ演説を寄せた。両岸について「不可分の運命共同体」だとし、台湾が「外国の力を借りて危険な行動に出れば、抱えきれないほどのリスクが台湾に降りかかる」などと述べた。

大陸委は、北京当局は「1つの中国」に関する一方的な主張を文攻武嚇で無理やり台湾に受け入れさせようとしていると指摘。これは、大陸側が両岸間の政治的な考え方の相違を実務的な方法で解決できないことを表しているとした。また、国家の主権や民主主義を堅持する姿勢を改めて示した。

同フォーラムを巡っては、台湾の最大野党・国民党が代表団を派遣する方針を示していたが、中国の政府系メディアが「大陸に和解を求めに来る」と報じ、直前に取りやめた。米高官が訪台した際には、中国の軍用機が台湾周辺に多数派遣されており、両岸関係は落ち込んでいる。

(呉柏緯/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top