Menu 戻る
  • 両岸

複数の中国軍機が台湾南西の空域に進入 国防部「厳正に非難」

2020/09/09 16:04
複数の中国軍機が台湾南西の空域に進入 国防部「厳正に非難」

複数の中国軍機が台湾南西の空域に進入 国防部「厳正に非難」

(台北中央社)国防部(国防省)は9日、複数の中国軍機が同日午前、台湾の南西の空域の警戒エリアで活動したと報道資料で明らかにした。空軍は航空兵力を運用して厳密に監視し、効果的に対応したとしている。国防部は「地域の平和や安定を破壊する中国共産党の一方的な行為を厳正に非難する」と表明した。

同部によれば、南西の空域に入ったのは、戦闘機「Su-30」や「殲10」など複数機。

一部メディアで「人民解放軍が東沙島を包囲した」と報じられたことについては「事実ではない」と強調した。

(編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top