Menu 戻る
  • 両岸

台湾、中国メディア記者2人の記者証と入境許可証を取り消し

2020/07/03 14:56
3日午前、桃園空港から台湾を離れる中国「東南衛視」の記者2人

3日午前、桃園空港から台湾を離れる中国「東南衛視」の記者2人

(台北中央社)台湾で対中政策を担当する大陸委員会は2日、中国メディア「東南衛視」の台湾駐在記者2人の記者証と入境許可証を取り消したと発表した。文化部(文化省)は3日、記者証取り消しの理由について、入境許可を申請した業務内容と合致しない業務を行っていたためだと説明した。

文化部によると、記者2人は台湾で番組を制作し、司会者の役割も担当していた。6月30日に東南衛視に対して期限付きの業務改善命令を出した。また、内政部(内務省)移民署はこの2人に対して7月3日以降の入境許可の発給停止を決め、2人は3日午前、台湾を離れた。

大陸委は東南衛視のほか、中国中央電視台、海峡衛視などの中国メディアも台北に撮影スタジオを設置し、政治討論番組を制作していると説明。文化部はこれらの中国メディアについては、違反行為の有無について調査中だとし、関連の法律に基づいて一貫した基準で認定を行うと説明した。

(頼言曦/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top