Menu 戻る
  • 両岸

天安門事件からあすで31年 台湾、民主化活動家の早期釈放を中国に訴え

2020/06/03 15:49
北京市内の天安門広場

北京市内の天安門広場

(台北中央社)中国共産党が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から4日で31年を迎えるのを前に、台湾で対中政策を担当する大陸委員会は3日、北京当局に対し、自由や民主主義に対する人々の期待を直視するよう呼び掛けた。また、2017年に中国で身柄を拘束された台湾の非政府組織(NGO)活動家、李明哲氏の早期釈放を訴えた。

大陸委は報道資料で、中共当局は天安門広場で民主主義や自由を勝ち取ろうとした人々を武力で抑え込んで声を封じ、今になっても真相を隠し、向き合おうとしていないと指摘。これに対して「深い遺憾」を表明した。

(頼言曦/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top