Menu 戻る
  • 両岸

台湾、香港市民への人道支援で「政府主導」など4原則

2020/05/28 13:48
大陸委員会の陳主任委員

大陸委員会の陳主任委員

(台北中央社)台湾で対中政策を所管する大陸委員会の陳明通主任委員(閣僚)は28日、香港市民への人道支援に関し、「政府主導」「大陸委員会による省庁間の調整」に加え、「法人団体の設立」「予算の編成」の4原則を示した。法人団体を設立し専門の窓口を設けることで民間との橋渡しを行う。

中国が反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の導入を目指しているのを受け、蔡英文政権は香港からの移住を受け入れる方針を示している。蔡総統は27日、人道支援のための具体的な措置の策定を行政院(内閣)に要請。大陸委員会が策定を主導すると説明した。

陳主任委員は、香港当局の決定が「高度な自治」に基づいて下されたものなのか、あるいは「北京の指示」なのかによって、台湾にとってさまざまな影響を受けると指摘。一方、香港市民への支援については、「居留許可、適切な手配、世話」の3大目標と4原則に基づきサポートするとの姿勢を示した。

(賴言曦/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top