Menu 戻る
  • 両岸

呉外相、中国の次の一歩を警戒 台湾への軍事行動に懸念 香港国家安全法

2020/05/27 14:25
呉外交部長

呉外交部長

(ニューヨーク中央社)呉釗燮外交部長(外相)は現地時間26日、米テレビ局FOXニュースのニュース番組にビデオ通話形式で出演し、中国政府が「香港版国家安全法」の制定に向けて動いていることについて、中国政府の次のターゲットが台湾となる可能性を指摘した上で、台湾への軍事行動に警戒感を示した。

呉部長は、中国が最近、南シナ海や東シナ海での軍事行動を増加させているのに加え、台湾に圧力をかけていることに言及。世界各国が新型コロナウイルスへの対応に追われている状況を中国政府が利用しているのは明白だとし、中国政府が香港に国家安全法を導入した後「次に何が起こるのかは分からない。(次のターゲットは)台湾かもしれない」との見方を示した。

中国がこの期間に香港や台湾に軍事行動をとる可能性を問われると、中国政府がかつて香港に「一国二制度」と制度が50年間変わらないことを約束したにも関わらず、今となっては香港の政権を乗っ取ろうとしていると指摘し、「中国が台湾に軍事行動をとるのではないかと心配している」と述べた。

(尹俊傑/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top