Menu 戻る
  • 両岸

「中国にこびるのが私の仕事じゃない」=台湾の呉外相

2020/03/20 16:39
呉外交部長=資料写真

呉外交部長=資料写真

(台北中央社)新型コロナウイルス対策での協力に関する台湾と米国の共同声明を巡って、中国国営の新華社通信から批判を受けたことについて、呉ショウ燮外交部長(外相)は20日、「私の仕事は、中国にこびることではない」と一蹴した。(ショウ=刊の干を金に)

立法院(国会)での総括質疑に出席する前に報道陣の取材に対して述べたもの。「外交部(外務省)の仕事は、台湾と外国の友好関係を深めることだ」とも話した。

共同声明は、呉氏と米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)台北事務所のクリステンセン所長(大使に相当)の名義で18日に出された。これに反発した新華社通信は19日、論評を発表。「中国を敵視し、米国にこびを売ることはウイルスより毒がある」と皮肉った。

(郭建伸/編集:羅友辰)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top