Menu 戻る
  • 両岸

中国軍機が中間線越え 2日連続で台湾周辺を飛行=国防部

2020/02/10 17:36
中国軍機の侵入を阻止するF16戦闘機(手前)=国防部提供

中国軍機の侵入を阻止するF16戦闘機(手前)=国防部提供

(台北中央社)国防部(国防省)は10日、中国軍のH6爆撃機などが同日午前10時ごろ、台湾の南のバシー海峡上空を経由して西太平洋に出る遠洋長距離飛行訓練を実施したと明らかにした。その際、H6爆撃機の護衛機が一時的に台湾海峡の中間線を越えた。国軍は戦闘機を発進させて適切に対応、侵入を阻止し、中間線の外に出るよう無線で警告したという。中国軍は9日にも台湾本島を周回して飛行する長距離訓練を行っていた。

H6爆撃機などの中国軍機は、復路は同じルートで基地に戻ったという。

国防部は訓練の全行程を監視、把握し、対処していると強調した。

台湾で対中政策を担当する大陸委員会は10日、中国が近日行っている台湾への武力的挑発行為や台湾の政府を批判する悪質な言論に対し、「厳正に抗議する」とした声明文を発表。誤った情勢判断を止め、武力的挑発行為を即時中止するよう求めた。

(陳韻聿、繆宗翰/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top