Menu 戻る
  • 両岸

中国の国防白書、国防部は「統一工作」と指摘/台湾

2019/07/24 17:53
国防部の史順文報道官

国防部の史順文報道官

(台北 24日 中央社)中国は24日、国防白書を公表した。台湾独立を目指す勢力は「最大の脅威」だと位置づけ、国がリスクにさらされているとして国防の重要性を訴えた。国防部(国防省)の史順文報道官はこれについて、国際社会の中国脅威論に対する懸念をかき消す狙いが中国にはあるとし、統一戦線工作の一環だとの見方を示した。

中国は国防白書で、「『台湾独立』など分裂を図る勢力やその活動は、台湾海峡の安定と平和における最大の脅威」だと指摘。また、「台湾問題の解決や国家の完全な統一の実現は、中華民族にとって根本的な利益になる」とした上で、統一を堅持する立場を改めて強調し、武力行使も辞さないとした。

国立中正大学(嘉義県)の林穎佑兼任助理教授(非常勤助教授)は、人民解放軍が防衛を主としていることを国防白書で強調することで、中国脅威論の払拭を図るのが最大の目的だと分析した。

また、習近平氏が主導した軍改革後、初の国防白書の発表となったことに言及し、軍改革が一段落したことを示す意味合いもあると説明した。

(游凱翔/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top