Menu 戻る
  • 両岸

パンダ乗った戦車と対峙する台湾黒熊 天安門事件30年、在外公館が風刺画

2019/06/03 18:21
駐ドイツ台北代表処ミュンヘン弁事処が投稿した台湾と中国の現状を表すイラスト=同処のフェイスブックページより

駐ドイツ台北代表処ミュンヘン弁事処が投稿した台湾と中国の現状を表すイラスト=同処のフェイスブックページより

(台北 3日 中央社)中国で1989年6月4日に発生した天安門事件から30年を迎えるのを前に、駐ドイツ台北代表処ミュンヘン弁事処(総領事館に相当)は1日、台湾と中国の現状を表したイラストをフェイスブックに投稿した。パンダが乗った戦車の列とタイワンツキノワグマ(台湾黒熊)が海を挟んで対峙しているというもので、同処は台湾と中国の違いを訴えるとともに、理念の近しい国々に対し支持を求めている。

イラストは、天安門事件の際に学生らを弾圧するために現れた戦車の列と、その前に立ちはだかる男性「戦車男(タンクマン)」を捉えた有名な写真を参考にして両岸(台湾と中国)を表現。パンダが乗った戦車は中国を表している。タイワンツキノワグマが両手に持っている手提げにはそれぞれ民主主義と平和を意味する英文字があしらわれた。

同処は、イラストと合わせて「30年前、中国は天安門に集まった学生の民主化運動を武力で鎮圧した。30年後、中国は『台湾同胞に告ぐ書』で武力統一も辞さないと台湾を脅している」と投稿。台湾は人権や平和を重んじる民主主義国家であるとした上で、中華民国台湾が存在する事実を正視するよう中国に呼び掛けた。

同処フェイスブック担当者は中央社の取材で、中国は自身の暗い歴史から目を背けていると言及。「このことは両岸の政治の違いを顕著に表している」との考えを示した。

同処は5月にも、フェイスブックに風刺画を投稿。習近平氏に似ているとされる人気キャラクター「くまのプーさん」のマスクをかぶった何者かが「世界保健機関(WHO)」のドアの前でタイワンツキノワグマに対してこぶしを振り上げているイラストで、台湾のWHO総会参加を妨害する中国を暗に批判した。

(侯姿瑩/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top