Menu 戻る
  • 両岸

台湾の陸海空軍が実弾演習 中国軍上陸想定 1万発超の弾薬飛び交う

2019/05/30 19:35
中国軍上陸阻止の実弾演習の様子

中国軍上陸阻止の実弾演習の様子

(屏東 30日 中央社)国防部(国防省)は27日から、中国軍による台湾侵攻を想定した5日間の定例演習「漢光35号」を実施している。4日目となる30日午前には、南部・屏東県の満豊訓練場で、陸海空軍の士官、兵士約3000人による実弾射撃訓練が展開され、約1万4000発の弾薬が飛び交った。

演習は、敵軍の船団が空からの援護を受けて同県海上からの上陸を試みる場面を想定して行われた。国軍はまず、F16や経国号(IDF)などの主力戦闘機、済陽級ミサイルフリゲート、国産の自走多連装ロケット弾発射装置「雷霆(らいてい)2000」などによる遠距離攻撃で応戦。相手の戦力が弱まったところで、AH64E(アパッチ)やAH1W(スーパーコブラ)などの攻撃ヘリ、CM11戦車などが海上への射撃を開始。終盤には戦車や自走砲、攻撃ヘリなどが総力を挙げて残りの敵の上陸を阻止した。

国防部によると、今回は30ミリ機関砲を搭載する国産のCM34装輪装甲車が初めて演習に投入された。有効射程は2000メートルで、既存の装甲車よりも性能や攻撃力、防御力などが向上しており、次世代の主要戦力として期待されているという。

(游凱翔/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top