Menu 戻る
  • 両岸

武力統一支持の中国学者が出境 デモ参加の予定を否定/台湾

2019/04/12 15:34
台湾から強制退去となる学者の中国人男性(手前)

台湾から強制退去となる学者の中国人男性(手前)

(桃園空港 12日 中央社)武力による台湾統一を支持する中国人学者の男性が12日午前、台湾から国外退去させられた。統一支持派団体が13日に中部・台中市で開催するフォーラムやデモに参加予定だったとされるが、男性は12日、桃園空港で取材に対し、デモ参加は「知らなかった」と否定した。

男性は観光ビザで9日に入境。大陸地区の人民が観光ビザで入境した場合、政治的活動や講演などの行為は禁じられており、内政部移民署は男性に対し11日中の出境を命じていた。

移民署によると、男性は12日午前0時35分に中部・南投の民宿で発見された。男性は取材に、11日は山に入っていたため電波が届かず、連絡ができなかったと話した。

(邱俊欽/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top