Menu 戻る
  • 両岸

英独、台湾支持の立場表明 「武力行使も辞さない」中国にノー

2019/01/25 17:44
習近平氏=中新社提供

習近平氏=中新社提供

(ロンドン 25日 中央社)中国の習近平氏が今月2日の演説で「一国二制度」による台湾との平和的統一を訴えながら、武力行使の可能性も排除しない考えを示したのを受けて、ドイツのマース外相と英外務省のアーマッド閣外大臣が25日までにそれぞれ台湾支持の立場を明らかにした。

いずれも台湾に友好的な自国議員からの関連の質問を受けて表明した。ドイツのマース外相は16日の議会答弁で、武力をもって台湾を脅す中国のやり方を「受け入れられない」とした上で、こうしたドイツ政府の立場を中国側に明確に伝えると述べた。

一方のアーマッド英外務閣外大臣は23日、書面で「英政府は地域の緊張を高め、問題の平和的解決を妨げるいかなる行動にも反対する」と回答。台湾と中国による建設的な対話を呼び掛けた。

(戴雅真、林育立/編集:羅友辰)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top