Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

コー・シューチンが「ひとつの太陽」で助演女優賞受賞 アジア映画賞/台湾

2020/10/29 14:23
コー・シューチン

コー・シューチン

(台北中央社)優れたアジア映画を表彰する「第14回アジア・フィルム・アワード」の受賞者が28日発表され、台湾のコー・シューチン(柯淑勤)が「ひとつの太陽」(陽光普照)で助演女優賞に輝いた。また、台湾スリラー映画「返校」は視覚効果賞を受賞した。

同アワードは、香港、東京、釜山の各国際映画祭が共同で2013年に設立したアジア・フィルム・アワード・アカデミーが開催。今年の授賞式は釜山で開かれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、オンラインでの発表となった。アジアの11の国・地域の計39作品が16部門の賞を争った。

シューチンは事前録画した受賞スピーチで、審査員や同作のチョン・モンホン(鍾孟宏)監督に感謝を伝えた上で、「2020年は全ての人にとって大変な一年だった。でも愛は全てを変えられると信じている」と述べた。

作品賞を手にしたのは韓国の「パラサイト 半地下の家族」。同作は最多4部門を制した。

(葉冠吟/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top