Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

元中日チェン、ロッテに入籍 台湾のファン歓喜、Wチェンの活躍にも期待

2020/09/21 19:20
ロッテに入籍する台湾のチェン・ウェイン投手=千葉ロッテマリーンズのツイッターより

ロッテに入籍する台湾のチェン・ウェイン投手=千葉ロッテマリーンズのツイッターより

(台北中央社)千葉ロッテマリーンズは21日、元中日で米大リーグでもプレーしたチェン・ウェイン(陳偉殷)投手(35)の入団を発表した。背番号は「58」。チェンの公式フェイスブックには台湾のファンから喜びのコメントが多数寄せられた。同じくロッテに在籍するチェン・グァンユウ(陳冠宇、29)投手と「Wチェン(双陳)」として活躍することに期待する声も上がっている。

183センチ、90キロの左腕で、中日時代の2009年には最優秀防御率を獲得。米ではオリオールズ、マーリンズなどに在籍し、台湾人投手として王建民(元ヤンキースなど、通算68勝)に次ぐメジャー通算59勝をマーク。マリナーズとマイナー契約を結んでいたが、自由契約となっていた。

チェン・ウェインは球団を通じて「日本一になれるように全力で頑張ります」とコメント。ロッテの本拠地、ZOZOマリンに吹く独特の風に言及し「風をうまく生かした投球ができれば」と意気込んだ。

公式フェイスブックで台湾向けに出された入団発表には、投稿から1時間余りで8700件超の「いいね!」が集まった。コメントも370件を超えており、日本に応援に行きたいと書き込むファンも見られた。

(謝静雯/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top