Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

「ロンバケ」、台湾で再放送 アーロンがPR

2020/08/13 13:59
アーロン=八大テレビ提供

アーロン=八大テレビ提供

(台北中央社)俳優の木村拓哉と山口智子の主演で1996年にフジテレビで放送されたドラマ「ロングバケーション」(ロンバケ)が16日から、台湾で再放送される。番組を放送する八大テレビは、1960、70年代生まれの視聴者に、テレビの前で青春時代を思い出してもらえればとしている。

台北市内で12日、特別上映会が行われ、俳優のアーロン(炎亞綸)がPR大使として出席した。初めて見た日本のドラマがロンバケだったというアーロン。1985年生まれのアーロンは2004年に芸能界入りした後、周りの友人から演技の勉強のために木村の出演作を見るよう勧められ、大学生の頃から日本のドラマを見るようになったという。

音声、音楽はそのままに放送する。八大テレビの担当者は、フジテレビと手を組み、日本ドラマの名作を放送することで、従来型メディアの価値を浮かび上がらせたいと意欲を示した。

「ロンバケ」は16日から毎週土曜、日曜夜10時に八大戯劇台(ドラマチャンネル)で放送される。

(葉冠吟/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top