Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

マイク・ハー、6年ぶりに台湾ドラマに出演 中国神話の神に扮する

2020/02/20 15:19
台湾ドラマ「天巡者」に主演するマイク・ハー(右)=三立テレビ提供

台湾ドラマ「天巡者」に主演するマイク・ハー(右)=三立テレビ提供

(台北中央社)俳優のマイク・ハー(賀軍翔)が三立テレビの新作ドラマ「天巡者」に主演することが19日、発表された。台湾のテレビ局が自主製作するドラマに出演するのは、2014年以来6年ぶり。台湾の伝統文化とラブストーリーを融合させた物語で、マイクは中国の民間信仰の神で魔除けの力を持つとされる「鍾馗」(しょうき)に扮する。台北市内で同日、主演男優発表会が行われた。

マイクは、悪魔払いを題材にしたキアヌ・リーブス主演の米映画「コンスタンティン」に触れ、「台湾でもこの映画のようなドラマが生まれれば」とずっと期待していたと語る。そのため、今作ではキアヌを役柄の手本にしたいと意気込んだ。

撮影はすでに開始されており、クランクイン前には減量のために食事の制限や運動を行ったというマイク。その結果、体重は78キロから72キロにまで落ち、13年前に三立テレビのアイドルドラマに出演した際の体形に戻ったと明かした。

放送開始は今年下半期を予定。

(陳秉弘/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top