Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾・統一ライオンズ、西武と阪神との交流戦中止 新型肺炎を警戒

2020/02/12 15:44
春季キャンプに参加する統一の選手たち=1月13日、台南市

春季キャンプに参加する統一の選手たち=1月13日、台南市

(台北中央社)台湾プロ野球、統一セブンイレブン・ライオンズは19~21日に高知県で予定していた埼玉西武ライオンズ、阪神タイガースとの交流戦を中止する。統一が12日に発表した。新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響を懸念しての決定だとしている。

統一は球団関係者に感染者はいないとした上で、中止決定の理由について、感染予防に努めるためと説明。また、感染者が出た場合に球団やファンに影響が及ぶ恐れがあることを考慮し中止するに至ったとした。

統一の蘇泰安ゼネラルマネジャーは、ファンや西武、阪神、イベント関係者には深くお詫びを申し上げるとコメント。台湾と日本の新型ウイルスをめぐる状況が早く落ち着き、両国のファンが健康でいられることを願うとの考えを示した。

(楊啓芳/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top