Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

「悪との距離」が編集賞=シンガポールのコンテンツ賞/台湾

2019/12/06 14:27
受賞のあいさつをする公共テレビ国際部の林旻萱氏

受賞のあいさつをする公共テレビ国際部の林旻萱氏

(シンガポール中央社)アジア太平洋地域の優れたコンテンツを表彰する「2019アジアン・アカデミー・クリエイティブ・アワード」の授賞式が5日、シンガポールで開かれ、公共テレビ(公視)の「悪との距離」(我們与悪的距離)が最優秀編集賞を受賞した。受賞者の李俊宏氏は式典に出席することができず、同テレビ国際部の林旻萱氏が代わりにトロフィーを受け取った。

台湾の作品ではこのほか、同じく公共テレビの「台湾特有種―微視界」が最優秀VR賞を獲得した。

同アワードは2018年に創設され、今年で2回目。授賞式は2日間にわたって開かれ、2日目の6日には主演・助演俳優賞やドラマ・映画の作品賞などが発表される。

(黄自強/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top