Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾のサッカー協会、愛媛県松山市と協定 東京五輪出場目指し連携

2019/11/04 16:48
協定書を交わす中華民国サッカー協会の方靖仁秘書長(左)と野志克仁松山市長

協定書を交わす中華民国サッカー協会の方靖仁秘書長(左)と野志克仁松山市長

(台北中央社)中華民国サッカー協会は4日、愛媛県松山市と連携に向けた協定書を締結した。東京五輪の出場権獲得や選手の実力強化を目指し、同市と協力していくとの方針を同協会は示している。

協定締結は、今年から台湾女子代表チームの監督を務めている越後和男氏の仲立ちにより実現。野志克仁松山市長は、台湾の女子代表が同市にトレーニングに訪れた際にはあらゆる面でサポートするとの姿勢を示した。

台湾の女子代表は来年1月にも日本遠征で同市を訪れる。その際には愛媛県の女子サッカーチーム、愛媛FCレディースと交流試合を実施する予定。同2月には東京五輪の予選に臨む。

(龍柏安/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top