Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾、プレミア12キューバ代表に1勝1敗=練習試合

2019/10/30 16:00
今回のキューバ戦を最後に台湾代表監督の座を退く李盈南氏

今回のキューバ戦を最後に台湾代表監督の座を退く李盈南氏

(新北中央社)野球のアジア選手権を戦った台湾代表と11月2日に開幕する国際大会、プレミア12に出場するキューバ代表の練習試合が28日と29日に行われた。台湾は初戦、1-4で敗北を喫したが、第2戦は投打とも力を発揮し、7-5で勝利を収めた。

今月中旬に中部・台中などで催された同選手権で台湾代表を18年ぶりの優勝に導いた李盈南監督は、キューバ代表との試合を最後に代表監督の座を退く。第2戦で勝利できたことに「完璧なラストが迎えられてうれしい」としつつ、選手たちの今後の活躍に期待を寄せた。

プレミア12で台湾は1次リーグ、日本と同じB組で台中や北部・桃園の球場を舞台に争う。キューバはC組で、同組の試合が行われる韓国に赴く前、台湾に立ち寄り、台湾代表と練習試合を2試合行った。これ以外に台湾プロ野球、中信や約20年ぶりにリーグに復帰した味全とも交流試合を実施する。

(謝静ブン/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top