Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

バド仏OP、台湾の戴資穎が決勝逃す 世界1位明け渡しへ

2019/10/27 13:07
決勝を逃す戴

決勝を逃す戴

(パリ中央社)バドミントンのフランスオープンは26日、パリで行われ、女子シングルスの準決勝は台湾の戴資穎がスペインのカロリナ・マリンに0-2で破れ、決勝進出を逃した。次回発表の世界ランキングで1位の座を日本の奥原希望に明け渡すことになる。

第1ゲームは開始直後、一挙に5点を奪うなど勢いを見せたが、マリンに追い上げられ、16-21で落とした。第2ゲームはミスが目立ち、9-21に終わった。

試合後のインタビューで、準々決勝のときから背中を痛めていたと明かした戴。マリンのスピードにも追いつけなかったと振り返った。11月の福州中国オープンに向けて回復を図るという。

(曽テイセン、黄巧ブン/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top