Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

スリラー映画「返校」予告編公開=白色テロ扱った人気ゲームを実写化/台湾

2019/08/16 12:03
サスペンススリラー映画「返校」の劇中写真=影一製作所提供

サスペンススリラー映画「返校」の劇中写真=影一製作所提供

(台北 16日 中央社)戒厳令下の台湾を題材にしたサスペンススリラー映画「返校」の正式予告編が15日、公開された。同作は同名の人気ゲームを原作としており、予告編ではゲーム中の重要な要素を盛り込んだシーンが映し出されている。

同作の舞台は国民党独裁政権による白色テロが行われていた1962年。高校生男女がある日突然姿を消した教師を探していたところ、校内が次第に霊界へと変化しているのに気づき、恐怖の真相に向き合うことを余儀なくされるという物語が展開される。フー・モンボー(傅孟柏)が教師役を、ワン・ジン(王浄)とツォン・ジンファ(曽敬[馬華])が教師を探す生徒役を務める。監督・脚本はジョン・スー(徐漢強)。台湾で9月20日公開予定。

製作会社によると、同作公開の情報を発表して以来、海外上映に関する問い合わせが英語や日本語、韓国語、タイ語、ベトナム語などで寄せられているという。同社は中央社の取材に対し、問い合わせが多い東南アジアを中心に同時公開を目指す考えを明らかにした。

(洪健倫/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top