Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台北市のマスコット、人気競うイベントで優勝 台湾を代表し日本で交流へ

2019/08/05 18:56
台北市政府のマスコットキャラクター「熊讃Bravo」

台北市政府のマスコットキャラクター「熊讃Bravo」

(台北 5日 中央社)官公庁や民間企業のマスコットキャラクターの人気を競うコンテストが4日、台北市内で開催された。ステージ上で渾身のパフォーマンスを披露した台北市政府のマスコット「熊讃Bravo」が1位にランクインし、年末に日本で行われる世界のキャラクターとの交流大会に台湾代表として参加する資格を手に入れた。

同コンテストは1日に開幕した漫画とアニメの祭典「漫画博覧会」の一環で、今年初めて開催された。各界から計37組、48体が参加し、上位3位が11月に埼玉県で催される「世界キャラクターさみっと in羽生」に台湾代表として出場する。熊讃Bravoと共に日本へ行くのは児童保護団体「家扶基金会」と格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾(台湾虎航)のキャラクターで、いずれもインターネット投票やステージパフォーマンスなどで選ばれた。

漫画博覧会は5日、5日間の日程を終えた。期間中は、日台の漫画家や日本の人気声優などによるサイン会やファンミーティングなどが行われた。主催者側の発表によると、4日までの累計入場者数は、前年比4万人増の54万人だった。

(陳政偉/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top