Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾、日本を制す U12野球W杯で優勝

2019/08/04 22:53
優勝を喜ぶ台湾代表チーム

優勝を喜ぶ台湾代表チーム

(台南 4日 中央社)世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する硬式野球のU12ワールドカップ(W杯)は4日、南部・台南で決勝が行われ、台湾は4-0で日本を下し4大会ぶり2度目の栄冠を手にした。

台湾代表チームの監督を務める李国強氏は、7月28日のオープニングラウンドで台湾が4-7で日本に負けたことに言及。選手たちがこれにめげることなく「もう一度チャンスをくれれば必ず勝てる」という強い気持ちで決勝に臨んだ結果、雪辱を果たすことができたと喜びを示した。

一度負けたからと言って相手を恐れるどころか「仇討ちしたい一心だった」と李監督は球児らのしっかりした心構えを称賛した。

(謝静ブン/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top