Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾、テコンドー女子団体とテニス男子単で金=夏季ユニバ

2019/07/14 15:53
夏季ユニバのテコンドー女子団体で韓国を下した台湾代表チーム=大会の公式サイトより

夏季ユニバのテコンドー女子団体で韓国を下した台湾代表チーム=大会の公式サイトより

(台北 14日 中央社)ユニバーシアード夏季大会は現地時間13日、イタリアのナポリなどで行われ、テコンドーの女子団体組手の決勝で、台湾は韓国を19-17で下し、金メダルを手にした。

序盤は台湾がリードしたものの、その後は互いに点を取り合う展開となった。試合終了まで1分を切った時点で17-17の同点だったが、ラスト15秒で台湾の馬テイ霞が2点を追加し、接戦を制した。同日に実施された男子団体組手の準決勝は、エジプトに15-17で惜敗し、銅メダルとなった。(テイ=女へんに亭)

今大会、台湾はテコンドーで金2、銀6、銅3を獲得し、韓国、イランに次ぐ3位の好成績を残した。

テニスの男子シングルス決勝は、台湾の曽俊欣がウズベキスタンの選手を2-1で制し、優勝した。

台湾は今大会、金9、銀13、銅10、合計32のメダルを獲得した。

(編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top