Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

元ソフトバンク川崎氏、選手兼任の可能性 味全客員コーチ就任/台湾

2019/07/11 18:29
味全ドラゴンズの葉君璋監督(左)と川崎宗則氏

味全ドラゴンズの葉君璋監督(左)と川崎宗則氏

(台北 11日 中央社)台湾プロ野球・味全ドラゴンズに客員コーチとして招かれた元ソフトバンクの川崎宗則氏が、選手を兼任する可能性があることが11日、分かった。球団が同日、台北市内で開いた新入団選手の発表会見で明らかにした。

葉君璋監督は「川崎氏は引退したばかりの選手。経験を伝えてコーチを手助けするだけでなく、引き続きプレーしてほしい」と現役復帰に期待を寄せた。呉徳威ゼネラルマネジャー(GM)は、引き続き選手を務めるかは本人の意向を尊重したいと話した。

会見には川崎氏も出席し、簡単な中国語であいさつした。

球団は来月17日に中部・雲林の斗六野球場で練習を開始する。10月末にはキューバの代表チーム、11月初旬にはオーストラリアのプロ野球チーム、アデレード・バイトとの交流試合も予定されている。

(楊啓芳/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top