Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

モーニング娘。'19、3年ぶりに台湾でイベント 名物グルメを満喫

2019/06/10 16:11
台北で9日に行われたファンミーティングで、台湾の名物グルメを頬張るモーニング娘。

台北で9日に行われたファンミーティングで、台湾の名物グルメを頬張るモーニング娘。'19のメンバー

(台北 10日 中央社)女性アイドルグループ、モーニング娘。'19が9日、台北市内でファンミーティングを開催した。台湾でグループ全員でステージに立つのは、2016年10月の単独コンサート以来約3年ぶり。12日発売のシングル収録曲「人生Blues」「青春Night」の新曲2曲を含む計5曲を披露したほか、質問コーナーやくじ引きなどでファンと交流し、詰め掛けた約600人の観客を沸かせた。

この日は端午節(端午の節句、今年は6月7日)の連休中だったことから、ステージでは端午節に欠かせないちまきのほか、名物のショーロンポー(小籠包)、お祝いの際に食べる寿桃(桃まんじゅう)がサプライズで用意された。当日午後に台湾に到着してからずっと会場にいたというメンバーは、突然出てきたグルメに興奮した様子で次々に料理を頬張り、「おいしい」と口々に語っていた。

アンコールでは、16年の台湾公演でファンから合唱をプレゼントされた楽曲「友」をお返しとして披露。リーダーの譜久村聖は「お返しがしたいとずっと思っていた」と明かし、「また台湾でコンサートができるように頑張りますね」とファンに誓った。

(名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top