Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

高橋一生、台湾は「つながっている場所」 主演ドラマPRで初訪台

2018/11/03 20:05
高橋一生

高橋一生

(台北 3日 中央社)俳優の高橋一生が3日午後、台湾でも放送中の主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」のPRのために訪台し、記者会見やファンイベントに出席した。高橋が台湾を訪問するのはプライベートを含めても初めて。囲み取材では、訪台前は現地の人々からどんな反響があるのか分からなかったと明かした上で、イベントに参加したファンが過去の出演作のグッズなどを持っているのを目にし、「とてもつながっている場所だと思った」と台湾への印象を語った。

訪台を「とても楽しみにしていた」という高橋。今回は日付が変わって3日になった深夜に到着し、4日には帰国するという弾丸スケジュールでの滞在となった。取材の時点では「街にまだ出られていない」と話し、「今からどんな所に連れて行ってもらえるんだろう」と短い滞在ながら台湾を楽しみたい気持ちを示した。

タイトルにある「奇跡」にちなみ、最近起こった奇跡について聞かれた高橋。「海外でイベントをやらせてもらえることが綺麗事を抜きにして本当に奇跡」と話し、「なんでこんなに知ってくれているんだろう。ありがたい」と感謝の思いを口にした。

この日の会見では、台湾名物のショーロンポー(小籠包)やルーローファン(魯肉飯)、鶏のから揚げを試食した高橋。何が一番美味しかったか聞かれると魯肉飯を指差し、ドラマの登場人物の名前を挙げながら「山田さん(同作に登場する家政婦)に作ってもらいます」と笑顔を見せた。

記者会見後に開催されたファンイベントには、約3000人の応募者の中から選ばれたファン99人が参加。高橋が姿を見せると、客席からは「かっこいい」と黄色い声が上がった。ファンが声を揃えて「高橋さん、アイシテル」とメッセージを送ると、高橋は「照れますね」と満面の笑みを浮かべていた。

「僕らは~」は台湾では10月21日から、日本番組専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」で放送されている。

(名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top