Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

福原愛、台湾での生活は「幸せ」 引退後は日台文化の架け橋に

2018/10/23 18:49
記者会見で笑顔を見せる福原愛さん

記者会見で笑顔を見せる福原愛さん

(東京 23日 中央社)引退を表明した卓球女子の福原愛さんが23日、東京都内で記者会見を開き、現在の心境を語った。台湾での生活について尋ねられると、「幸せ」と笑みを浮かべた。福原さんは同日、台湾向けに発表したメッセージ映像で、今後は日台の文化交流を促進する架け橋の役割を担っていくことに意欲を示した。

福原さんは引退を発表し、「気持ちが軽くなった」と告白。2016年のリオデジャネイロ五輪後から引退が頭に浮かんでいたと説明し、一歩引いて卓球界での自身の役割を考えた時に引退の決心がついたと明かした。

リオ五輪閉会後の2016年9月に台湾の卓球選手、江宏傑さんとの結婚を発表した福原さん。翌年には第一子女児を台湾で出産した。

福原さんは23日、中国語のメッセージ映像をインターネットで発表。台湾の人々は自身にとても親切で、台湾にはたくさんの美味しいグルメもあるとし、「台湾に嫁いできて、とても楽しい」と微笑んだ。今後、台湾でチャリティー活動や子供たちとの卓球交流に取り組む意欲を示したほか、「最近台湾の文化に特に興味がある」と言及し、「台湾の文化を日本人に伝え、台湾の人にも日本の文化を紹介したい」と将来へ期待を寄せた。

会見の会場には約100人の報道陣が詰め掛けた。福原さんが記者らとの記念撮影を提案し、報道陣を驚かせる一幕もあった。

(楊明珠、龍柏安/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top