Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

統一ライオンズの外国人投手が完全試合=台湾プロ野球史上初

2018/10/09 13:43
台湾プロ野球史上初の完全試合を達成したライアン・バーダゴ投手=資料写真

台湾プロ野球史上初の完全試合を達成したライアン・バーダゴ投手=資料写真

(台北 9日 中央社)台湾プロ野球・統一ライオンズの米国人投手、ライアン・バーダゴ(31)が7日、本拠地・台南市立野球場で行われた対中信兄弟戦でリーグ史上初となる完全試合を達成した。

バーダゴは9回を投げ、無安打無四死球で8奪三振。助っ人左腕の力投に守備陣も無失策で応え、9回表まで中信打線を完璧に封じた。だが、統一もここまで無得点のまま。完全試合への期待が高まる9回裏、先頭打者の郭阜林がバッターボックスへ。3球目でバックスクリーン左へのソロ本塁打を放ち、自身初となるサヨナラ弾で試合を決めた。

試合後、バーダゴは「素晴らしい一勝だった」と振り返り、チームメートの好守はもちろん、郭のサヨナラ本塁打があったからこそ完全試合が達成できたと仲間への感謝を述べた。郭は、打席に立ったときから本塁打を狙っていたと明かし、勝利を喜んだ。

(黄巧ブン/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top