Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

世界野球ランキング 台湾5位、日本2位

2018/09/28 15:49
ジャカルタ・アジア大会で銅メダルを獲得した台湾代表

ジャカルタ・アジア大会で銅メダルを獲得した台湾代表

(台北 28日 中央社)世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が27日に発表した野球の最新世界ランキングで、台湾は前回より順位を1つ上げ、5位になった。上位4位は変動がなく、上から順に米国、日本、韓国、キューバ。

ランキングは過去4年間に開催されたU12(12歳以下)からプロまでの国際大会での成績がポイントとして反映される。

今年2月の時点で2520ポイントに落ち込み、6位に甘んじていた台湾。今回は8月開催のU12アジア選手権での優勝やU15ワールドカップ、ジャカルタ・アジア大会での銅メダルなどで3165ポイントに上昇した。

6~10位はメキシコ、オランダ、オーストラリア、カナダ、プエルトリコ。

(李晋緯/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top