Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

来月台湾で公演の宝塚歌劇、紅ゆずるさんらが駐日代表訪問

2018/09/26 14:45
謝長廷代表(左から2人目)に宝塚歌劇団の台湾公演の準備状況を報告する(右から)星組トップ娘役の綺咲愛里さん、トップスターの紅ゆずるさん、男役スターの礼真琴さん(左)

謝長廷代表(左から2人目)に宝塚歌劇団の台湾公演の準備状況を報告する(右から)星組トップ娘役の綺咲愛里さん、トップスターの紅ゆずるさん、男役スターの礼真琴さん(左)

(東京 26日 中央社)3度目の台湾公演を来月開催するのを前に、宝塚歌劇団星組トップスターの紅(くれない)ゆずるさんらが25日、東京都の台北駐日経済文化代表処を訪れ、謝長廷代表(大使に相当)に公演の準備状況を報告した。謝代表は、公演の成功を願った。

訪問したのは紅さんのほか、トップ娘役の綺咲愛里さんや男役スターの礼真琴さんなど。紅さんは、今回の公演で台湾の伝統人形劇「ポテヒ」(布袋戯)を素材にした日台合同制作の異次元武侠ミュージカル「サンダーボルトファンタジー 東離剣遊紀」を上演することに触れ、リアル度は200%だと自信をみせる。礼さんは、台湾公演の内容は東離剣遊紀のファンをも驚かせるだろうとし、台湾で上演できることへの期待感をのぞかせた。

台湾公演は10月20~28日に台北市の国家戯劇院で、11月2~5日に南部・高雄市の高雄市文化中心至徳堂で行われる。

滞在中に行きたい場所について、綺咲さんは、有名観光地の九フン(新北市)を挙げた。食べたいものに関しては「臭豆腐に挑戦したい」と明かした。(フン=にんべんに分)

宝塚歌劇団は2011年の東日本大震災に対する台湾からの支援に感謝を示し、日台交流を促進させようと、2013、2015年に台北で公演を開催。高雄での公演実施は今回が初めてとなる。

(楊明珠/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top