Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾製BLドラマ、日本にも上陸 「腐女子」市場に攻め入る

2017/10/27 11:31
CHOCO TV のYouTubeチャンネルより

CHOCO TV のYouTubeチャンネルより

(台北 27日 中央社)男性同士の恋愛を描く「ボーイズラブ」(BL)を扱った台湾ドラマ「HIStory」が今年2月の公開以来、ネットユーザーによってアジアや欧米8カ国語の字幕入りで違法配信されるほどの注目を集めている。同サイトの張庭翡CCO(最高コンテンツ責任者)は、世界中に膨大な数のBLファンが潜在するのを感じるとBLドラマの大きな可能性を指摘する。

「HIStory」は台湾の動画配信サイト「CHOCO TV」が制作したオリジナルのインターネットドラマ。キャストにはアーロン・ライ(頼東賢)やジアン・ユンリン(蒋イン霖)らイケメン俳優が顔を揃えた。同サイトでの再生回数は500万回を超え、ケーブルテレビにも進出。今年7月には日本に上陸し、アジアエンタメ専門チャンネルでシリーズ第1弾の放送が開始された。今月28日には最終章となる第3弾がスタートする。(イン=均の土へんを日に)

張氏によれば、ネットユーザーによって自主的に翻訳された字幕は、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、日本語、韓国語、スペイン語、フランス語、英語。同性愛が禁止されている中国大陸でも、地下サイトによって同作が購入された。映画化の話も持ち上がっているという。

(江佩凌/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE