Menu戻る
  • 芸能スポーツ

ミディ・ジー監督の作品が特別賞 山形ドキュメンタリー映画祭/台湾

2017/10/12 19:05
ミディ・ジー監督

ミディ・ジー監督

(東京 12日 中央社)台湾を拠点とするミャンマー出身の映画監督、ミディ・ジー(趙徳胤)監督の「翡翠之城」が11日、山形国際ドキュメンタリー映画祭2017でアジア千波万波部門の特別賞を受賞した。ミディ監督は受賞後、中央社の電話取材に応じ、自身を映画監督として育ててくれた台湾への感謝を述べた。

ミディ監督は、他のノミネート作品の監督の多くが10数年に及ぶ経歴を持つ中、ドキュメンタリー撮影の経験が浅い自身が受賞できたのは幸運で、運が良かったと謙虚に喜びを表現した。

同作は、ミャンマーで翡翠を採掘する監督の実の兄の姿を追った作品。撮影によって兄と16年ぶりに再会したという。「長い間会っていなかった兄がどうなっているのか、撮影を通じて兄あるいは家族を理解した」と明かし、私的な作品だと紹介した。

アジア千波万波は、アジアの新進ドキュメンタリー作家の作品を紹介する部門。今回は63の国・地域から645本の応募があった。表彰式は11日、山形市内で行われた。同映画祭は12日まで。

(黄名璽/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top