Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

映画音楽の魅力を東京で紹介 リン・チャン、坂本龍一とのコラボを希望/台湾

2017/09/04 16:42
林強氏(左から2人目)

林強氏(左から2人目)

(東京 4日 中央社)音楽家のリン・チャン(林強)氏が2日、東京都の台北駐日経済文化代表処台湾文化センターでトークイベントを行い、これまでのサウンドトラック制作のエピソードなどを語った。最もコラボレーションしたい日本の音楽家や映画監督について聞かれると、音楽家の坂本龍一氏の名前を挙げ、機会があれば教えを請いたいと語った。

リン氏は台湾を代表する映画音楽作曲家。これまでホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の「憂鬱な楽園」(南国再見、南国)や「ミレニアム・マンボ」(千禧曼波)、「黒衣の刺客」(刺客聶隠娘)などを始め、多数の作品のサウンドトラック制作を担当してきた。2015年にはカンヌ国際映画祭でサウンドトラック賞を獲得。台湾の映画賞「ゴールデン・ホース・アワード」(金馬奨)でもオリジナル映画音楽賞を過去複数回受賞している。

コラボしたい相手として坂本龍一氏の名を出しながらも、リン氏は「ありえない」と話す。坂本氏の国際的な知名度の高さに触れ、「わたしたちはまだ国際的とまではいかないですから」と謙遜した。だが、機会があれば少なくとも会って握手をしてもらい、「エネルギーを私に送ってもらえれば」と笑った。

リン氏は「専門教育を受けたわけでもないわたしに多くの監督からオファーがあるのは、とても興味深い」と語る。これらの監督はハリウッド式のオーケストラ演奏をあえて使わず、新しさを欲しているのではないかと分析し、「そうであるからこそ、わたしのような映画音楽に携わる人に機会が生まれ、絶えずこのような監督と仕事ができるのかもしれない」と話した。

(黄名璽/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE