Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

ゆず、12月に台湾公演 「栄光の架橋」中国語版に挑戦

2017/08/31 12:55
左から北川悠仁、岩沢厚治、姚謙=ワーナーミュージック台湾提供

左から北川悠仁、岩沢厚治、姚謙=ワーナーミュージック台湾提供

(台北 31日 中央社)人気デュオのゆずが30日、台北市内で記者会見を開き、今年12月2日に開催する台北公演をPRした。ゆずの2人は台湾のファンへの恩返しの意味を込めて、台北公演で代表曲「栄光の架橋」を中国語版で披露することを発表した。

ゆずの訪台は昨年7月以来約1年ぶり。前日の29日には台北市内でファンイベントを開き、台湾のファンと至近距離で触れ合った。

「栄光の架橋」中国語版の歌詞は、台湾の有名作詞家、姚謙が担当。ゆずの2人は、姚の歌詞の美しさと奥深さを賞賛し、依頼を受けてくれたことに感謝を示した。姚は、「同曲のメロディーによって、20年前にゆずの歌を聞いたときの感動を思い出した」と話し、依頼をもらってすぐに作詞に取り掛かったことを明かした。

久々の台湾訪問について岩沢厚治は「日本も暑い。こっち(台湾も)暑いのでびっくりした」と感想。北川悠仁は前回の訪台の際に足を運んだ店で再び牛肉麺を食べたエピソードを明かし、「帰ってきたんだなという感じがとてもしました」と微笑んだ。

台北公演は、11月18日のシンガポール公演を皮切りに行われるアジアツアー「YUZU ASIA TOUR 2017 謳おう -UTAO-」の一環として、台北国際会議センターで開かれる。チケットは9月13日発売。

(江佩凌/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE