Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

<台北ユニバ>楊俊瀚、台湾勢初の陸上男子100m金

2017/08/25 12:52
楊俊瀚

楊俊瀚

(台北 25日 中央社)ユニバーシアード夏季大会は24日、陸上男子100メートル決勝が台北陸上競技場(台北市)で行われ、台湾の楊俊瀚が10秒22で優勝した。台湾勢が同種目で金メダルを獲得するのは大会史上初。

楊は1位と分かった瞬間、頭の中に多くのシーンが駆け巡ったと話す。「多くの人から助けられた」と感謝の気持ちをのぞかせた。

楊は決勝の前に行われた準決勝では、台湾新記録の10秒20を叩き出していた。

蔡英文総統はフェイスブックで、「この10秒22は台湾の陸上史上、最も感動的なひと時になりました」とつづり、楊に祝福を送った。

(葉素萍/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE