Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

性的暴行で服役中のチャン・ツォーチ監督、仮釈放へ 矯正署が許可/台湾

2017/08/12 11:15
チャン・ツォーチ監督=2015年2月撮影

チャン・ツォーチ監督=2015年2月撮影

(台北 12日 中央社)法務部(法務省)矯正署は11 日、強姦の罪で服役中の映画監督、チャン・ツォーチ(張作驥)受刑者について、仮釈放請求を認めたと明らかにした。服役中のチャン受刑者の態度は良好だったという。受刑者らを指揮して製作した短編映画「鹹水鶏的滋味」は先月、第19回台北映画賞短編作品賞を受賞していた。

チャン受刑者は2013年5月、台北市内のアトリエでシナリオ作家の女性に性的暴行を加えたとして、懲役3年10カ月の実刑判決を受け、2015年4月に刑務所に収監されていた。

(王揚宇/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE