Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

小説家ジョウバーダオ、監督2作目は青春サスペンス=28日に台湾公開

2017/07/12 11:47
群星瑞智提供

群星瑞智提供

(台北 12日 中央社)小説家、ジョウバーダオ(九把刀)が構想に8年を費やした最新作「報告老師!怪怪怪怪物!」が28日、台湾で公開される。同作はジョウバーダオの監督2作目で、1億台湾元(約3億7200万円)の製作費を投じた青春サスペンス大作。小説が原作ではなく、オリジナル脚本に初挑戦している。

同作は高校を舞台に、史上最“狂”の高校生が怪物の注意を引いてしまい、青春という名の悪意により予想だにしなかった殺りくが引き起こされる―という物語。

メインキャストにはユーカイ・デン(トウ育凱)やユージェニー・リウ(劉奕児)、ケント・ツァイ(蔡凡熙)ら若手注目株が名を連ねる。さらに、クー・チェンドン(柯震東)やビビアン・ソン(宋芸樺)らかつてジョウバーダオ作品に出演した人気俳優もゲストとして出演し、華を添える。(トウ=登におおざと)

(鄭景ブン/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE