Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

ジェイ・チョウ、親ばか発揮 愛娘が作曲した楽曲の落選に「残念」/台湾

2017/05/17 17:01
ジェイ・チョウ、親ばか発揮  愛娘が作曲した楽曲の落選に「残念」/台湾

(台北 17日 中央社)歌手のジェイ・チョウ(周杰倫)が17日、台北市内で、自身がPRキャラクターを務めるスマートフォンの新製品発表会に登場した。16日に発表された第28回ゴールデン・メロディー・アワード(金曲奨)のノミネートリストで、中国語男性歌手、ミュージックビデオ(MV)、年間楽曲の3部門に名を連ねたジェイ。「悪くない。チケットを3枚手にできた」と喜びながらも、愛娘が生後4カ月の時に奏でた旋律を基に作曲した楽曲が選ばれなかったことに触れ、「とても残念」と親ばかっぷりを全開にした。

ジェイは娘が作曲した「前世情人」について、生後4カ月で「こんなにクラシック風で3拍子の曲を作れる人が他にいるでしょうか」と絶賛。3部門ノミネートは「うれしい」とする一方、同曲の落選は「心残り」だと話した。

自身が監督を担当したMVのノミネートを司会者に祝福されるとジェイは、「別の賞(中国語男性歌手)について言われるかと思った」とユーモアで返答。「MVをしっかり見てくれてありがとう」と審査員に感謝した。

新製品の外観デザインを褒めた際には、自身のアルバムのパッケージにも触れ、「こんなに素晴らしいのにノミネートされなかった」と自虐し、会場の笑いを誘った。

(名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE