Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

クラウド・ルー、金曲奨は「たくさんノミネートされたい」/台湾

2017/05/03 16:22
クラウド・ルー

クラウド・ルー

(台北 3日 中央社)台湾の権威ある音楽賞「ゴールデン・メロディー・アワード」(金曲奨)の第28回授賞式が6月24日に台北市内で開催されるのを前に始動会見が3日、同市内で開かれ、関連の音楽イベント「金曲国際音楽フェスティバル」(6月21~23日開催)のショーケースに出演する歌手のクラウド・ルー(盧広仲)やウェイ・リーアン(韋礼安)らが出席した。クラウドは金曲奨について「たくさんノミネートされたい」と冗談交じりに貪欲な姿勢を見せた。

フォークやヒップホップなど4つの異なるジャンルをテーマにしたツアーを先月下旬から行っているクラウド。6月のショーケースでは、ツアーのエッセンスを凝縮したステージを披露する予定だと紹介。先日2週間にわたって高熱にうなされていたエピソードに触れ、「温度が高いステージになる」とアピールした。

クラウドは金曲奨へのノミネートに対する自信のほどを尋ねられると「うーん」と困った表情を浮かべ、「家でアルバムを聞いているといい曲だと思う」ととぼけてみせた。それでも取材陣に最も獲得したい賞を追及されると「中国語アルバム賞にしておきます」と明言。だが、直後に「ハハッ」と大きな笑い声を上げ、照れ隠ししていた。クラウドは2009年に金曲奨の作曲家賞と新人賞を受賞。中国語アルバム賞には1度ノミネート経験があるものの、受賞は逃している。

同フェスのショーケースにはクラウドやリーアンを始め、国内外から計12組が登場。日本の女性5人組ロックバンド「バンドメイド」(BAND-MAID)も出演する。

(名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE