Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

宮藤官九郎が手掛けた7作品を上映 金馬ファンタスティック映画祭/台湾

2017/03/02 11:28
「GO」の劇中写真=台北金馬映画祭実行委員会提供

「GO」の劇中写真=台北金馬映画祭実行委員会提供

(台北 2日 中央社)台北市内で4月に開幕する「2017金馬ファンタスティック映画祭」(金馬奇幻影展)で、脚本家で映画監督の宮藤官九郎が手掛けた7作品が特集上映される。台北金馬映画祭実行委員会が1日、発表した。

上映作品は宮藤が脚本を担当した「土竜の唄 香港狂騒曲」「GO」「ピンポン」のほか、脚本に加えて監督も務めた「真夜中の弥次さん喜多さん」「少年メリケンサック」「中学生円山」「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」。

同映画祭は4月7日から同16日まで開催。チケットは今月26日に発売される。

(編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE