Menu 戻る
  • PR

離島・金門独自の観光キャンペーンがスタート 元駐屯兵に“里帰り”促す

2020/10/22 16:50
離島・金門独自の観光キャンペーンがスタート 元駐屯兵に“里帰り”促す

(中央社)かつて10万人の兵士が駐屯していた離島・金門県独自の観光キャンペーン「金門老兵召集令」が、9月30日からスタートしている。

金門老兵召集令は、同島で服役していた退役軍人が一定期間内に同島を再訪すれば、島内の特約店で割引が受けられたり、記念品が進呈されたりするキャンペーンで、今年で3年目を迎える。同県政府観光処によれば、昨年同島を再訪した元兵士は8000人以上に上り、一定規模の商機を生み出した。今年は理髪店や写真館、飲食店、宿泊施設、土産物店など133店が参加している。

楊鎮浯県長は9月24日、このうちの1軒である昔ながらの写真館を訪れて軍服姿で写真撮影し、キャンペーンの開始をアピールした。店主の李国明さんは、以前金門に派遣された兵士らは、到着時や退役時に記念写真を撮っていたと振り返る。キャンペーンが始まって以来、家族連れで戻ってくる客が少なくなく、2年前には、1990年当時、自身の写真に交際中の女性の写真を合成してほしいと頼みに来た元兵士が、後に妻となった女性を伴って来館し、念願の“ツーショット写真”を撮ったという。

キャンペーンは12月15日まで。詳細は、同県政府観光処のウェブサイト(https://kinmen.travel/)で確認できる。


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top